不要になったオフィス家具は買取に出せば現金化

  • 不要になったオフィス家具は買取に出せば現金化

    • 会社の中で利用している机や椅子、パーティーション、ロッカー、収納棚、応接室で利用する応接セット、ホワイトボードなどを総称してオフィス家具と言います。

      会社の移転などの際には、古くなったオフィス家具を処分するケースが多く在りますが、処分する時に誰もが思いつくのが産業廃棄物としての処分方法ではないでしょうか。

      産業廃棄物と言うのは、企業などが出すゴミの事を意味しており、オフィス家具についても産業廃棄物として処分する事が法律で定められており、家庭で出す不用品の処分の際に利用する粗大ごみに出すことはできません。

      話題になっているオフィス家具の買取の喜びの声を頂いています。

      産業廃棄物として処分を行えば、机一つでも高い費用を支払って、処分をすることになりますので、会社の経費から処分費用を出さなければなりません。

      しかし、オフィスで利用する様々な家具類は買取のお店にお願いをすることで現金化する事が出来るのです。どのような状態のものでも買取して貰えるわけではありませんが、基本的にまだ利用できる品物については買取の対象とされているのです。



      また、専門のお店は出張してくれるため、不要な物が在る程度まとまった段階で、買取りのお店に連絡をして査定をして貰う事がお勧めです。



      会社に来てくれるので、連絡だけすれば良いと言うメリットが在ります。また、このようなお店は中古品の販売も行っていますので、要らなくなった机を売って、そのお金で中古の椅子や一回り大きい机を購入すると言う方法も在るのです。


top